歯の移植とインプラント 歯周病とインプラント周囲炎 インプラント インプラント周囲炎 予防 歯周病

インプラント治療前に確認したい10項目

更新日:

10

はじめに

インプラント治療が普及してきた一方、トラブルの話も少なからず聞こえてきます。そのような事にならないようにするためにもセカンドオピニオンは大切です。 そこで、インプラント治療前に確認したい10項目を挙げてみました。

1・本当に抜歯しなくてはならないのか

抜歯してインプラントにしましょうと言われた方へ。本当に抜歯しなくてはならないのか、きちんと説明を受けましたか?なぜ歯を保存できないのか、また無理に保存するとどのような不都合が発生するのかを確認しましょう。もしその先生が歯の保存に詳しくないのであれば、必ずセカンドオピニオンをとるために他の先生を紹介してもらいましょう。その時は必ず顕微鏡が使える歯科医院を選びましょう。

2・移植や歯根尖切除はできないか

インプラント以外の方法について説明を受けましたか?歯の移植・矯正移動・歯根尖切除などの選択肢はありませんでしたか?また入れ歯やブリッジを採用しない理由を訊きましたか?

3・レントゲンなど

歯型の模型・レントゲン・CTなどの資料を見せてもらい説明を受けましたか?

4・血液検査など

血液検査や血圧測定などの内科的な検査を受けましたか?特に糖尿病関係の検査は大切です。また現在内科などから出されている薬や、個人的に購入している薬・健康補助剤・漢方薬などを主治医に正しく報告しましたか?

5・手術方法

手術方法や材料について説明を受けましたか?インプラント手術にはいろいろな方法がありますが、それぞれ特徴があります。なぜそのような方法を用いるのか知っておきましょう。また使われるインプラントはどのような物か、できたら現物を見せてもらいましょう。

6・歯ブラシ

インプラントを含め、歯や口全体の現況やメンテナンスについてお聞きになりましたか?必ず歯科衛生士から正しい歯ブラシの方法を習い、きちんとできるようになってからインプラント治療を始めましょう。特に歯周病で歯を失った方はインプラントの感染率が高いので要注意です。インプラント周囲炎を予防するためには、どうすれば良いのかをきちんと聞いておきましょう。

7・同意書

治療の見積・進行予定表をもらい、同意書をとりかわしましたか?インプラント治療は時間がかかったり、後で予定変更がでたり複雑になる可能性があります。言った言わないがないように、きちんと書面で確認しましょう。

8・信頼

先生やスタッフは信頼でき、何でも話せる関係になっていますか?

9・やり直しの時は

インプラントに限った事ではありませんが、その成功率は100%ではありません。もしインプラントが骨とくっつかないなかったり、インプラント周囲炎などの不都合が発生した場合はどうするかをお聞きになりましたか?もう一度できるのか、だれが再治療をするのか、それはその歯科医院で対処できるのか、大学病院を紹介してもらうのかなども聞いておきましょう。失敗は考えたくありませんが、その備えをしておく事は失敗を防ぐ意味でもとても重要です。

10・考える時間

以上のような事をきちんと聞いて、考える時間を十分とりましたか?

吉田 格
いかがだったでしょう。インプラント治療は自由診療ですから、健康保険の時のように手軽にとはまいりません。

しかし逆に考えれば、今まではお金があまりかからなかっただけに、真剣に健康のことを考える事もなかったのではないでしょうか。

インプラント治療を機会に、健康全般を見直してみるきっかけにしてみることをお勧めいたします。



this is default footer data

-歯の移植とインプラント, 歯周病とインプラント周囲炎, インプラント, インプラント周囲炎, 予防, 歯周病

Copyright© 吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.