総合案内 顕微鏡

エアロゾル対策の切り札 顕微鏡懸架型ドレープ

更新日:

吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニックでは、歯科治療中に発生するエアロゾルを効率的に遮断し新型コロナウィルス感染のクラスターになる事を防止する策として、顕微鏡上から治療中の患者さんの顔をスッポリ覆うようなドレープ(覆い)を用いた治療を開始いたしました。

歯科治療はその性格上、唾液や血液が霧状になって空気中を舞う「エアロゾル」が発生することが避けられません。

今までは力が非常に強い吸引管を複数使い分けて、このエアロゾルを最少にするよう心がけて診療してまいりました。

しかし昨今一部のマスコミやSNSが、歯科医院は感染のハイリスクエリアと中傷し、歯科医院で働く人や患者さんを混乱に陥れています。

過去、歯科医院のエアロゾルが原因でインフルエンザになったという報告は確認されておりませんし、歯科医師・歯科衛生士の新型コロナウィルス感染率は一般より明らかに低いこともあり、憶測がもたらした騒ぎすぎであると考えられます。

しかし新型コロナウィルスの伝播性は既知のウィルスより強いこともあり、これらの不安を一掃すべく、歯科用顕微鏡を使うユーザーがこのようなドレープを考案し、有志同士で改良を進めています。

実際に治療をしている様子がこの写真です。顕微鏡を常用している歯科医師・歯科衛生士にとっては、ほとんど問題なく今まで通り診療ができることが解りました。

顕微鏡は精密で確実な治療を行う必要がある歯科自由診療で不可欠な装置ですが、さらに感染制御の切り札としても極めて有効であると考えられます。

今後は、装着時間の短縮・形状の最適化・素材の変更・適切な口腔外バキュームの入れ方、などの改良が必要と思われます。

まだ発展途上のシステムではありますが、早く安心をお届けした方が良いと思い公開いたしました。

当診療室は完全個室の診療室ですが、このドレープの導入によりさらにエアロゾルが発生しにくい環境で歯科治療を受けることができるものと考えております。

どうぞ安心てお越しください。

追記:夕刊フジ5月12日号に掲載されました



this is default footer data

-総合案内, 顕微鏡
-

Copyright© 吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.