総合案内

痛くない・腫れない、を目指す歯科手術3つのオプション

投稿日:

手術って、正直イヤですよね… 痛いし腫れるし、できれば避けたいですが、必要なときは避けられません。

そして、歯科は小さな手術の連続です。これが歯科が嫌われる理由ですね。もうちょっと、なんとかならないものでしょうか…

良くあるのが静脈内沈静と言って、眠った状態で治療を終わらせる方法です。これなら痛くも怖くも無い!

しかし毎回毎回というわけにはまいりませんし、お金も時間もすごいかかります。

それに問題なのは、手術後の痛みと腫れ。これはどうにもならない?

しかし自由診療には手術をできるだけ楽に終わらせる、痛くない・腫れない、を目指す歯科手術3つのオプションあります。以下それについて説明しましょう。

1・鍼(針)

 

鍼(針)治療って、経験ありますか?

肩こりや腰痛治療はもちろん、ケガからの回復を早くしたりできますよね。これを歯科治療に応用すると、どうでしょう?

まず手術後の痛みが軽減されます。

手術中は麻酔がかかってるので痛みはまったくありませんが、問題は麻酔が醒めたあと。そして後日の腫れ。

鍼は、このような痛みや腫れの軽減に最も有効です。

もちろんあくまで軽減で、無くなるわけではありませんから、あまり期待されすぎると困るのですが(笑)

上のビデオは《頬車》と《オトガイ》というツボに、日本鍼というとても細い鍼を刺入し、肩こり治療にもよく使う通電器を繋げているところです。ピクピク動いていますが、もちろん痛みはまったくありません。

なお鍼の顔への適用は歯の治療中には邪魔になる事が多いので、実際には手のツボを使うことが多いです。

2・半導体レーザー

 

レーザーは、病院の麻酔科やペインクリニックで普通に行われている痛みの治療法です。

レーザーにはいろんな種類がありますが、ここで用いるのは痛み治療で最も効果が高い半導体レーザー(ダイオードレーザー)です。歯科で頻用される炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)ではありません。

半導体レーザーには《軽度麻酔作用》と《治癒促進作用》があります。

上のビデオは、左上の親知らずの抜歯前のもので、麻酔注射の前に半導体レーザーを弱く1分ほど照射します。すると軽い知覚麻痺がおき、注射の針が刺さる痛みが軽減されます。

特に上の歯の奥歯が有効で、人によってはまったく痛みを感じません。

また抜歯や手術後に照射することで、麻酔が切れた後の痛みや腫れが軽減されます。

当診療室では鍼と共にレーザーの併用を希望される方が多いです。

なお半導体レーザーについて詳しくは以下をご覧になってみてください。

吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック レーザーを使った痛みの少ない治療

ついでに言うと、注射針が入る場所はこのビデオのように顕微鏡を見て毛細血管のないところを狙うので、これも痛みの軽減に繋がります。

3・高濃度ビタミンC点滴

すでに美容医療や難病治療に応用されて久しい高濃度ビタミンC点滴。あくまで見た感じでの判断ですが、傷の治りが早いです。

ビタミンCはコラーゲン生成・白血球の動きを活発化・活性酸素消去の3つの効果があり、どれも歯科治療にはたいへん都合の良い話です。

高濃度ビタミンC点滴を行うことで、当診療室は抗生物質を使う事がほとんどなくなりました。使うにしても点滴で入れます。

抗生物質は耐性菌出現と腸内細菌叢の破壊という大きな問題を持っています。しかし日本ではほとんど問題視されないままで、その使用量は世界一のままです。これは本当になんとかしなくてはならないと思っています。

高濃度ビタミンC点滴はもちろん治療中だけですので、打ち上げ花火的なところがあります。この効果を最大限に発揮させるには、普段からビタミンC1gを1日あたり3~6回服用することをお勧めしています。

下の写真のように治療中だけでなく、メンテナンス時にも点滴を併用して行われる方も多いです。もちろん歯科衛生士は顕微鏡を使います。

なお高濃度ビタミンC点滴について詳しくは、以下をどうぞ。

高濃度ビタミンC点滴療法とは

最高の鎮痛、それは治療に目的意識を持つ事

いかがだったでしょう?

以上の3つは、おそらくまだ行っている歯科医院はわずかだと思います。行っていても、一種類だけでしょう。

もちろんこの3つを併用しても、痛みが0になるわけではありません。「従来方より痛みが軽減する」という言い方になってしまいます。そこはどうかご理解ください。

さて最後に、この3つを上回る鎮痛法があります。さて何でしょう?

それは静脈内沈静ではありませんし、手際良い手術のことではありません(←これは当然なので省略しましたが)。

答えは治療に目的意識を持つ事です。

どんな事にも共通していますが、消極的でイヤイヤやる事は緊張状態が続きますので、苦痛は倍増します。

しかし治療に目的意識を持つ、すなわち私はこうなるんんだという積極的な意識が芽生えた時、多少の痛みや苦労は無視できるように人間はできています。

ですから私たちは顕微鏡やCTのデーターをお見せして現状をつぶさにお伝えし、選択肢を提供したうえで治療方法を患者さんご自身で選択していただいてます。

これにより治療に目的意識を持っていただけたとき、痛みなんて吹っ飛んで行くのです。

これこそ歯科自由診療の一番のメリットだと考えています。



-総合案内

Copyright© 吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.