根管治療 顕微鏡

根管治療 破折ファイルの除去

更新日:

 

根管治療には、ファイルとかリーマというたいへん細いドリルのような器具を使い、歯の内部にある感染源や汚染物を取り除いて行きます。

この器具はたいへんに細く、治療中に金属疲労で折れてしまい、それが根管の中に留まってしまうことがよくあります。

折れた器具自体が悪影響を及ぼすことはないのですが、感染源がその先にあるならば除去して先に進まなくてはなりません。しかしそれは不可能で、治療自体を諦めなくてはなりませんでした。

しかし顕微鏡を用いると折れた器具は、その断端を光る点としてみる事ができます。そこに超音波振動する細い器具を入れ、揺さ振って除去する、そんな事がかなりの確率で可能となりました。

ビデオでは除去の様子をごらんいただけます。最後は折れたファイルが飛び出してくる様子が映っています。

顕微鏡はこのように従来不可能だった治療に、新しい可能性を与えてくれました。根管治療(歯内治療)は顕微鏡の恩恵を最も受けた分野の一つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-20-15-38-05

吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック 根管治療のページへ



this is default footer data

-根管治療, 顕微鏡

Copyright© 吉田歯科診療室デンタルメンテナンスクリニック , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.